相続手続きや遺言書の作成でお悩みなら大阪府堺市の相続・遺言専門[朝比奈行政書士事務所]へ

相続手続きや遺言書の作成を行政書士がサポートします。まずはご相談下さい。

ご利用にあたり

お電話予約は・・・

受付時間/月〜金10時〜18時 TEL072-280-3666

朝比奈行政書士事務所

行政書士 朝比奈 誠
〒590-0820
大阪府堺市堺区高砂町1-28
TEL 072-280-3666

相続・遺言の知識

寄与分(きよぶん)について

・寄与分(民法904条の2)の趣旨は、相続人の中に被相続人の財産形成・財産維持につき、特別の寄与をした者がある場合に、相続人間の不公平を計算上生じさせないようにするためです。

・対象は、被相続人の事業に関する労務提供又は財産上の給付、療養看護その他の方法による被相続人の財産の維持又は増加についての特別の寄与です。

・評価の方法としては、共同相続人間の協議や家庭裁判所の審判(904条の2第2項)があります。

・寄与分の効果(一般的な計算方法)は、まず、被相続人の相続開始時に有した財産の価額からその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなします(いわゆる「みなし相続財産」)。その「みなし相続財産」に寄与分を加えた額をその者の相続分とします。
*寄与者の具体的相続分の例=(相続開始時の財産−寄与分)×相続分率+寄与分

Copyright©2010 Asahina Administrative Office All rights reserved.